曜日関数 返値 早見表

スポンサーリンク
コンピューター
kropekk_pl / Pixabay

各プログラミング言語での「曜日関数が返す値」の早見表です。

.NET

DateTime.DayOfWeekプロパティで求められる。

型はSystem.DayOfWeek列挙型

日曜始まり・ゼロオリジン。

 曜日DateTime.DayOfWeek
数値
Sunday0
Monday1
Tuesday2
Wednesday3
Thursday4
Friday5
Saturday6

Excel関数

WEEKDAY関数で求まる。

第二引数に指定する値で結果が変化。

結果
省略日曜始まり・1オリジン(1から始まる)
1日曜始まり・1オリジン
2月曜始まり・1オリジン
3月曜始まり・ゼロオリジン

↓(例)

曜日WEEKDAY(日付)WEEKDAY(日付, 1)WEEKDAY(日付, 2)WEEKDAY(日付, 3)
1176
2210
3321
4432
5543
6654
7765

Excel VBA

Weekday関数で求められる。

日曜始まり・1オリジン。

曜日Weekday(日付)
1
2
3
4
5
6
7

MySQL

DAYOFWEEKWEEKDAYの二種類の関数で求められる。

DAYOFWEEK日曜始まり・1オリジン
WEEKDAY月曜始まり・ゼロオリジン

↓(例)

 曜日DAYOFWEEK(日付)WEEKDAY(日付)
16
20
31
42
53
64
75

PHP

date関数で求められる。
第一引数に'w'を指定すると曜日コードが求まる。
日曜始まり・ゼロオリジン。

 曜日date(‘w’, 日付)
0
1
2
3
4
5
6

Perl

localtime関数で求められる。
返り値の配列の7番目が曜日コード。
日曜始まり・ゼロオリジン。

 曜日(localtime(日付))[6]
0
1
2
3
4
5
6

Visual Basic 6

Weekday関数で求められる。
日曜始まり・1オリジン。

曜日Weekday(日付)
1
2
3
4
5
6
7
タイトルとURLをコピーしました