十二時辰(十二辰刻)

スポンサーリンク
呼び名時間帯二小時四刻
十二時辰初刻正刻呼称時間帯
こく
夜半やはん23時 〜 01時23時01時
子一つ時23時00分 〜 23時30分
子二つ時23時30分 〜 00時00分
子三つ時00時00分 〜 00時30分
子四つ時00時30分 〜 01時00分
うしこく
ちゅう
鶏鳴けいめい01時 〜 03時01時02時
丑一つ時01時00分 〜 01時30分
丑二つ時01時30分 〜 02時00分
丑三つ時02時00分 〜 02時30分
丑四つ時02時30分 〜 03時00分
とらこく
いん
平旦へいたん03時 〜 05時03時04時
寅一つ時03時00分 〜 03時30分
寅二つ時03時30分 〜 04時00分
寅三つ時04時00分 〜 04時30分
寅四つ時04時30分 〜 05時00分
こく
ぼう
日出にっしゅつ05時 〜 07時05時06時
卯一つ時05時00分 〜 05時30分
卯二つ時05時30分 〜 06時00分
卯三つ時06時00分 〜 06時30分
卯四つ時06時30分 〜 07時00分
たつこく
しん
食時しょくじ07時 〜 09時07時08時
辰一つ時07時00分 〜 07時30分
辰二つ時07時30分 〜 08時00分
辰三つ時08時00分 〜 08時30分
辰四つ時08時30分 〜 09時00分
こく
隅中ぐうちゅう09時 〜 11時09時10時
巳一つ時09時00分 〜 09時30分
巳二つ時09時30分 〜 10時00分
巳三つ時10時00分 〜 10時30分
巳四つ時10時30分 〜 11時00分
うまこく
日中にっちゅう11時 〜 13時11時12時
午一つ時11時00分 〜 11時30分
午二つ時11時30分 〜 12時00分
午三つ時12時00分 〜 12時30分
午四つ時12時30分 〜 13時00分
ひつじこく
日昳にってつ13時 〜 15時13時14時
未一つ時13時00分 〜 13時30分
未二つ時13時30分 〜 14時00分
未三つ時14時00分 〜 14時30分
未四つ時14時30分 〜 15時00分
さるこく
しん
晡時ほじ15時 〜 17時15時16時
申一つ時15時00分 〜 15時30分
申二つ時15時30分 〜 16時00分
申三つ時16時00分 〜 16時30分
申四つ時16時30分 〜 17時00分
とりこく
ゆう
日入にちにゅう17時 〜 19時17時18時
酉一つ時17時00分 〜 17時30分
酉二つ時17時30分 〜 18時00分
酉三つ時18時00分 〜 18時30分
酉四つ時18時30分 〜 19時00分
いぬこく
じゅつ
黄昏こうこん19時 〜 21時19時20時
戌一つ時19時00分 〜 19時30分
戌二つ時19時30分 〜 20時00分
戌三つ時20時00分 〜 20時30分
戌四つ時20時30分 〜 21時00分
こく
がい
人定にんじょう21時 〜 23時21時22時
亥一つ時21時00分 〜 21時30分
亥二つ時21時30分 〜 22時00分
亥三つ時22時00分 〜 22時30分
亥四つ時22時30分 〜 23時00分

うんちく

時代劇を観ていて表現が分からないので調べてみました( ・`д・´)

この表現は近代以前(大正時代頃まで?)の中国や日本などで用いられていました。
江戸時代の時代劇でおなじみですね。討入りとか果し合いの決行時刻として(笑

十二時辰のシステム

  • 『一時辰』は2時間の幅があります。
    それを十二支で割り当てることで24時間を表現します。
  • 一時辰を1時間毎の2つに分けて『二小時』と呼びます。
    「午の正刻(12:00)」は特に「正午」とも呼ばれ、現代でも用いられています。
  • 一時辰を30分毎の4つに分けて『四刻』と呼びます。
    怪談でよく聞く「丑三つ刻(うしみつどき)」は「丑の刻」の「3つ目」なので「02:00~02:30」を指します。
  • 上の表にはありませんが、一時辰を40分毎の『三刻』に分けることもあります。
    その場合それぞれ「上刻(じょうこく)」「中刻(ちゅうこく)」「下刻(げこく)」と呼びます。
    例)子の上刻=23:00、子の中刻=23:40、子の下刻=00:20
更に詳細に知りたい場合は Wikipedia を参照することをオススメします。
タイトルとURLをコピーしました